zabbixで監視。redmineで管理。(その0:AzureにCentOS8サーバ)

投稿者: | 2020年5月25日

サーバ機やネットワーク機器の監視をzabbixで行い、異常があった場合はredmineでインシデント管理を行います。
今回はサーバ環境をMicrosoft Azure にサーバ構築します。

シリーズは以下になります。
・その0:AzureにCentOS8サーバ
・その1:CentOS8にZabbix5.0
・その2:CentOS8にredmine4.1
・その3:Zabbixとredmineの連携

Microsoft Azureでサーバ作成

Microsoft Azure環境に以下のサーバを作成します。

用途 サーバOS アプリバージョン
zabbixサーバ CentOS 8.0 zabbix 5.0
redminiサーバ CentOS 8.0 redmine4.1

Microsoft Azurenにログオン

Microsoft Azure portal にログオンします。
この後は各人のいつもの流れでサーバを作成すればよいです。

リソースの作成とネットワークの作成

リソースを作成します。ここでは「監視」リソースを作成し、ネットワーク「kansi」を作成します。

 

 

 

リソースができました。

サーバの作成

作成したリソースにCentOS8.1サーバを作成します。
ただし、[新規] で表示されるバージョンは「CentOS-based 7.5」のみなので、まずはこれを選択し後で「CentOS-based 8.1」に変更します。

[新規]では、まず「CentOS-based 7.5」を選択します。

[仮想マシンの作成]でCentOSのバージョンを変更します。


サーバのサイズや認証の種類(接続方法)やディスクなどは各自のお好みでどうぞ。

ネットワークの作成

[受信ポートの規則]を作成してZabbix用にネットワークのポートを開放します。

Webアクセス Port 80/tcp . Port443/tcp
Zabbixで使用 Port 10050/tcp , 10051/tcp

CentOSの設定

まずは、CentOS を最新の状態にしておきます。

なお、必要に応じて sudo をつけておいてください。

time zoneの設定

タイムゾーンが日本時間(JST)であることを確認し、必要に応じて変更します。

ロ-カルファイヤーウォール(SELinux、firewalld)の設定

SELinuxは、無効(disabled)で構築します。必要に応じて有効(enforcing)にしてください。

SELinuxを無効(disabled)にするには「/etc/selinux/config」ファイルを編集します。

設定を変更した場合は、再起動します。

firewalld はMicrosoft Azure の場合、既定で無効のようです。
今回はこのままですが、必要に応じて有効にしてください。

ロ-カルファイヤーウォールを使う場合(firewalld)

firewalldは既定で zabbixやsnmpのポート番号での接続が許可されていませんので許可します。
Zabbixサーバーが外部から接続を受けるのは、基本的にZabbixエージェントとSNMPトラップとWebインターフェースへのアクセスとなりますので、これらを許可します。

なお、Zabbixエージェントをインストールしたサーバーは以下のような設定を行います。

次の操作

次回は、「zabbixで監視。redmineで管理。(その1:CentOS8にZabbix5.0)」になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です