Microsoft teamsの設定(その3:Teams の使用容量の上限②)

投稿者: | 2020年5月14日

Sharepoint OnlineでMicrosoft teams で扱うファイルに上限(使用量の制限)をかけます。

今までのシリーズはこちらから。
Microsoft teamsの設定(その1:ゲストアクセス)
Microsoft teamsの設定(その2:共有ファイル①)
Microsoft teamsの設定(その2:共有ファイル②)
Microsoft teamsの設定(その3:Teams の使用容量の上限①)
Microsoft teamsの設定(その3:Teams の使用容量の上限②)

Microsoft 365グループ サイトの 一覧から使用中のストレージ容量を確認

Microsoft Teams で作成された「チーム」は Microsoft 365 グループサイトとなります(Template の値が Group#0 のもの)。
これを抜き出すコマンドは「Get-SPOSite -Template Group#0」です。

PS> #Get-SPOSite の例
PS> Get-SPOSite | ft Title, Url, StorageUsageCurrent, StorageQuota

Title       Url                                           StorageUsageCurrent   Storage Quota
---         ---------                                     ------                ------
test用      https://xxxx.sharepoint.com/sites/test        1                     26214400
xxxサイト   https://xxxx.sharepoint.com/sites/allcompany   1                     26214400
ハブサイト  https://xxxx.sharepoint.com/portals/hub        32                    26214400
All Company https://xxxx-my.sharepoint.com/               1                     26214400


#Get-SPOSite -Template Group#0の例
PS> Get-SPOSite -Template Group#0 | ft Title, Url, StorageUsageCurrent, StorageQuota

Title       Url                                           StorageUsageCurrent   Storage Quota
---         ---------                                     ------                ------
test用      https://xxxx.sharepoint.com/sites/test        1                     26214400
xxxサイト   https://xxxx.sharepoint.com/sites/allcompany   1                     26214400

ここで表示された Office 365 グループ サイトの一覧の該当のサイトの “StorageUsageCurrent” の値が該当のサイトにて使用中のストレージ容量(MB)で、”Storage Quota” の値がクオータ(使用量制限)(B)となります。

記憶域のクォータ(使用量制限)を設定

以下のコマンドで対象の Office 365 グループ サイト の記憶域のクォータと警告を設定します。

PS> Set-SPOSite -Identity <対象のサイト URL> -StorageQuota <記憶域のクォータ (MB)> -StorageQuotaWarningLevel <記憶域のクォータの警告レベル (MB)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です