Raspberry Pi(Raspbian)にやっといたほうがいい設定(運用:NTPでの時刻合わせ)

投稿者: | 2020年1月7日

>Raspberry Pi を外部のNTPサーバにつなげて時刻合わせを行います。これにより正確な時刻にわせることができるようになります。

NTPサーバに関して

OSのRaspbianでは時刻同期(NTP)の設定が「Stretch」バージョン以降はsystemd-timesyncdを使うようになりました(従来の/etc/ntp.confではありません)。

また、参照するNTPサーバは、よく使われる以下のものを使用します。

・ntp.nict.jp
jpnict公開の日本のNTPの元締め。


・ntp.jst.mfeed.ad.jp
インターネットマルチフィード(MFEED) 時刻情報提供サービス for Public で、2ndのNTPプロバイダとして有名。


・time.google.com
Googleさんです。

NTP設定

設定ファイルの編集

設定ファイル /etc/systemd/timesyncd.confを以下のように編集します。

#
#/etc/systemd/timesyncd.conf
#
[Time]
NTP=ntp.jst.mfeed.ad.jp ntp.nict.jp
FallbackNTP=time.google.com
#FallbackNTP=0.debian.pool.ntp.org 1.debian.pool.ntp.org 2.debian.pool.ntp.org 3.debian.pool.ntp.org
#RootDistanceMaxSec=5
#PollIntervalMinSec=32
#PollIntervalMaxSec=2048

NTPの有効化

NTPを有効化します。

$ sudo timedatectl set-ntp true

サービスの再起動

デーモンを再ロードしてサービスの再起動を行います。

$ sudo systemctl daemon-reload
$ sudo systemctl restart systemd-timesyncd.service

確認

プロセスの確認

$ ps -ax | grep "time"
  255 ?        Ssl    0:00 /lib/systemd/systemd-timesyncd

サービスの確認

以下の例では ”133.243.238.163:123 (ntp.nict.jp)” から同期しています。

$ sudo systemctl status systemd-timesyncd
● systemd-timesyncd.service - Network Time Synchronization
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service; enabled; vendor preset: enabled)
  Drop-In: /lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service.d
           mqdisable-with-time-daemon.conf
   Active: active (running) since Wed 2019-08-21 10:53:27 JST; 6s ago
     Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)
 Main PID: 1679 (systemd-timesyn)
   Status: "Synchronized to time server for the first time 133.243.238.163:123 (ntp.nict.jp)."
    Tasks: 2 (limit: 2077)
   Memory: 972.0K
   CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service
           mq1679 /lib/systemd/systemd-timesyncd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。