Raspberry Pi(Raspbian)にやっといたほうがいい設定(運用:レポジトリ変更)

投稿者: | 2020年1月7日

パッケージ更新の参照先(レポジトリ)を日本のミラーサーバに変更します。これによりダウンロードを早くすることができるようになります。

レポジトリサーバに関して

規定値でも適当にミラーサーバに繋がるはずですが、少しでも近場ということで日本のリポジトリサーバーに繋がるように、明示的に日本のサーバを指定しておきます。

また、参照するレポジトリサーバは、日本のミラーサーバの以下のものを使用します。

・JAIST 北陸先端科学技術大学院大学
(http|rsync)://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/raspbian-archive/raspbian


・WIDE Project Tsukuba NOC 筑波大学
rsync://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/raspbian/raspbian/


・Yamagata University 山形大学
http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/raspbian/raspbian/

レポジトリ設定

設定ファイル /etc/apt/sources.list を以下のように編集します。

#
#/etc/apt/sources.list 
#
# Uncomment line below then 'apt-get update' to enable 'apt-get source'
#deb-src http://raspbian.raspberrypi.org/raspbian/ buster main contrib non-free rpi

deb http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian/ buster main contrib non-free rpi

#deb http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/raspbian/raspbian/ buster main contrib non-free rpi
#deb http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/linux/raspbian/raspbian/ buster main contrib non-free rpi

確認

パッケージの更新の確認

$ sudo apt update
$ sudo apt dist-upgrade

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です