Azure ADのPowerShell(v1)でMicrosoft365を操作(その1:Microsoft365に接続)

投稿者: | 2020年4月30日

Microsoft365(office365) の管理は通常はブラウザから管理ツールを使って行います。ユーザ登録やライセンスの許可などの場合は、多くのユーザアカウントで同じ作業の繰り返しとなります。
ここでは、Azure ADのPowerShellもVersion 1 でcsvファイルを使いユーザの一括登録や設定を行うことができます。

Microsoft365への接続

Microsoft365 のアカウントなどの情報は、Microsoft Azure Active Directory(MS Online)で管理されています。これはMicrosoftクラウド上の Active Directory です。
PowerShell で MS Online に接続することで、Microsoft365 を操作できるようにします。

Microsoft Online Services サインイン アシスタント

Microsoft Online Services サインイン アシスタントをインストールします。

IT プロフェッショナル 用 Microsoft Online Services サインイン アシスタント RTW
<https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=41950>

MicrosoftのWebサイトでもMicrosoft Online Services サインイン アシスタントをインストールするように記載されていますが、私の環境ではインストールしなくても作業はできました。

PowerShellのMS Onlineモジュール

PowerShell 用の MS Online モジュールをインストールします。それにより Microsoft365 を操作するための各種コマンドを実行できるようになります。

①Powershellを ”管理者” で起動
②MS Online モジュールをインストール
コマンドは「Install-Module MSOnline」です。
インストール中に2回質問がありますが、どちらも「Y」→Enterとします。

これで MS Online に接続する準備ができました。

MS Onlineに接続

①変数にMicrosoft365のユーザ名とパスワードを保存
コマンドは「$credential = Get-Credential」です。

IDとパスワードを入力する画面が表示されますので、Office365 の管理者権限を持つユーザーのIDとパスワードを入力します。

 

 

②Microsof365に接続
コマンドは「Connect-MsolService -Credential $credential」です。エラーも何も出なければ接続できています。
接続後にドメインの確認をするコマンドは「Get-MsolDomain」です。
また、ライセンスの確認(ライセンス数や使用数)の確認コマンドは「Get-MsolAccountSku」です。

これで、PowerShell で Office365 を操作ができる状態となりました。

次回以降に(PowerShell 画面を閉じた後)に再度接続する場合は、「①変数にMicrosoft365のユーザ名とパスワードを保存」から実施してください。

接続の自動化

以下のスクリプトでMicrosoft365への接続とコマンド操作を自動化することができます。

 

次の操作

次回は、「Azure ADのPowerShell(v1)でMicrosoft365を操作(その2:コマンド集)」になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です