Azure AD 操作のPowerShell の種類とインストール

投稿者: | 2020年6月5日

Azure AD を操作する PowerShell にはいくつかの種類があります。

Azure AD PowerShell の種類

Azure AD の PowerShell には以下のようなものがあります。

MSOnline (Azure AD v1) 最初から使われていたコマンドレット。Connect-Msolservice のようにコマンドレットに ”Msol” という文字列が含まれています。現状でも Azure AD に対する PowerShell コマンドでよく使われています
Azure AD for Graph (Azure AD v2) Azure AD に新しい機能が追加されることに伴い Azure AD PowerShell の機能を拡張させていく必要がでてきました。その対応のために従来の MSOnline を拡張するのではなく、別途異なるモジュールを開発するとになりました。
基本的には MSOnline で提供していた機能は Azure AD v2 でも提供されます。
新しい機能などは Azure AD v2 のみで提供されます。
Azure AD for Graph preview (Azure AD v2 preview) なるべく早く新しいモジュールを提供するプレビュー版です。
Azure AD v2 の通常版 = General Availability 版がすでにインストールされている環境で通常版とプレビュー版を併用することはできません。 Preview 版を利用したい場合には、先に通常版を Uninstall-Module コマンドでアンインストールしたうえでプレビュー版をインストールをします。

MSOnline (Azure AD v1)のインストール

PowerShell 用の MS Online モジュールをインストールします。

①Powershellを ”管理者” で起動
②MS Online モジュールをインストール
コマンドは「Install-Module MSOnline」です。
インストール中に2回質問がありますが、どちらも「Y」→Enterとします。

これで MS Online に接続する準備ができました。

Azure AD for Graph (Azure AD v2)のインストール

Azure AD PowerShell v2モジュールをインストールします。

①Powershellを ”管理者” で起動
②AzureAD モジュールをインストール
コマンドは「Install-Module -Name AzureAD」です。
インストール中に1回質問がありますが、「Y」→Enterとします。

これで MS Online に接続する準備ができました。

Azure AD for Graph preview (Azure AD v2 preview)のインストール

AzureADPreview モジュールのインストールします。
まず、通常の「AzureADモジュール(Azure AD v2)」や「以前のバージョンの AzureADPreview モジュール」がインストールされている場合は以下のようにアンインストールします。

続いて「 AzureADPreview モジュール」をインストールします。
インストール中に1回質問がありますが、「Y」→Enterとします。

もし、以下のようなエラーになった場合は、新しいモジュールが出ている場合があります。

この場合は、のAzureADPreviewサイトで最新バージョンを確認します。

AzureADPreview
<https://www.powershellgallery.com/packages/AzureADPreview/>

バージョンを確認した後に以下のコマンドでインストールします。
例では、バージョン 2.0.2.102 です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です