Azure ADのPowerShell(v2)でMicrosoft365を操作(その3:ユーザの一括登録)

投稿者: | 2020年5月4日

Microsoft365(office365) へのユーザ登録は通常はブラウザから管理ツールを使って行います。ユーザ登録やライセンスの許可などの場合は、多くのユーザアカウントで同じ作業の繰り返しとなります。
オンプレミスのActive Directoryがあれば、AAD(Azure AD Connect)の同期を使えば一気にMicrosoft365アカウントの作成ができますが、手動で行うとなると大変な作業です。

ここでは、Azure ADのPowerShellもVersion 2 (Graph 用 Azure Active Directory PowerShell)でcsvファイルを使いユーザの一括登録や設定を行うことができます。

ユーザ作成の流れ

excelで作ったcsvファイルを使ってMicrosoft365にユーザを一括登録する流れは以下になります。

①Microsoft365へ接続しライセンスの確認
③excelでユーザ情報を作成しcsvファイル形式で保存する
③powershellを実行する。

Microsoft365へ接続しライセンスの確認

Microsoft365へ接続しライセンスの購入数と使用数を確認します。操作手順はこちらを参照ください。
なお、ライセンス状況は以下になります。
・Enabled:購入したライセンス数
・ConsumedUnits:使用(消費)したライセンス数

excelでユーザ情報を作成しcsvファイル形式で保存する

ここでは以下の情報をもとにMicrosoft365にユーザを作成するものとします。
これに基づいてexcelファイルを作成します。


・UserPrincipalName (メールアドレス ログオン名)
・GivenName(姓)
・SurName (名)
・DisplayName (表示名)
・AccountSkuId(付与するライセンス)

これをもとにcsv形式で保存します。

注意点は、文字化け防止のためcsvファイルを保存する際に文字コードをUTF-8 に指定することです。

powershellでMicrosoft365にユーザ作成する

作成したcsvファイルをもとにMicrosoft365にユーザ作成します。
ここでは作成したcvsファイル名は users_add.csv とします。
また、以下の条件を付けたしてあります。


・初期パスワードは「P@ssword123」
・Microsoft365のライセンスを付与
・日本で使う

ユーザパスワードの無期限化

最近のMicrosoft365 はユーザ認証にパスワードよりも生体認証を推奨しているようで、パスワードを無期限化することを進めています。
その是非は置いといて、ユーザパスワードを無期限化するのは以下になります。

確認

ユーザが作成できたかはMicrosoft管理センターでも確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です