Azure ADのPowerShell(v2)でMicrosoft365を操作(その1:Microsoft365に接続)

投稿者: | 2020年5月4日

Microsoft365(office365) の管理は通常はブラウザから管理ツールを使って行います。ユーザ登録やライセンスの許可などの場合は、多くのユーザアカウントで同じ作業の繰り返しとなります。
ここでは、Azure ADのPowerShellもVersion 2 (Graph 用 Azure Active Directory PowerShell)でcsvファイルを使いユーザの一括登録や設定を行うことができます。

Microsoft365への接続

Microsoft365 のアカウントなどの情報は、Microsoft Azure Active Directory(MS Online)で管理されています。これはMicrosoftクラウド上の Active Directory です。
PowerShell で MS Online に接続することで、Microsoft365 を操作できるようにします。

Azure AD PowerShell v2モジュール

Azure AD PowerShell v2モジュールをインストールします。それにより Microsoft365 を操作するための各種コマンドを実行できるようになります。

①Powershellを ”管理者” で起動
②MS Online モジュールをインストール
コマンドは「Install-Module -Name AzureAD」です。
インストール中に1回質問がありますが、「Y」→Enterとします。

これで MS Online に接続する準備ができました。

MS Onlineに接続

①変数にMicrosoft365のユーザ名とパスワードを保存
コマンドは「$credential = Get-Credential」です。

IDとパスワードを入力する画面が表示されますので、Office365 の管理者権限を持つユーザーのIDとパスワードを入力します。

 

 

②Microsof365に接続
コマンドは「Connect-AzureAD -Credential $credential」です。エラーとならずにドメイン情報が出れば接続できています。
接続後にドメインの確認をするコマンドは「Get-AzureADDomain」です。
また、ライセンスの確認(ライセンス数や使用数)の確認コマンドは「Get-AzureADSubscribedSku | Select SkuPartNumber」です。

これで、PowerShell で Office365 を操作ができる状態となりました。

次回以降に(PowerShell 画面を閉じた後)に再度接続する場合は、「①変数にMicrosoft365のユーザ名とパスワードを保存」から実施してください。

MS Onlineから切断

作業が終わったら無駄なセッションを残さないために切断しましょう。
なお、powershellコンソールをとじただけだとセッションは残ります(timeout後に削除されます)。
コマンドは「Disconnect-AzureAD」です。

次の操作

次回は、「Azure ADのPowerShell(v2)でMicrosoft365を操作(その2:コマンド集)」になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です