Raspberry Pi へDockerのインストール(Buster -February2020)

投稿者: | 2020年1月7日

Dockerをインストールします。
スクリプトを使って簡単にできます。

対象のRaspbianのバージョン

Raspbianのバージョンはここになります。
念のため最新バージョンにしておくことを忘れずに。

本家

作業前にDockerのサイト(Get Docker Engine – Community for Debian)を参考にしてください。

このサイトの「Install from a package」が参照元になります。

インストール方法①(スクリプト)

スクリプトが使えるようになりました。

ユーザがDocoerを起動できるように

非 rootユーザーで sudo無しで Dockerを実行できるようにユーザーを dockerグループに追加します。

インストール方法②(手動)

スクリプトが使えないときは手動でやります。

パッケージのダウンロード

パッケージ(debファイル)をダウンロードします。
必要なファイルはいかになります(XXXXはバージョン)
・containerd.io_XXXXX_armhf.deb
・docker-ce-cli_XXXXdebian-buster_armhf.deb
・docker-ce_XXXXdebian-buster_armhf.deb

ファイルは以下のサイトにあります。
https://download.docker.com/linux/debian/dists/buster/pool/stable/armhf

ここからファイルをダウンロードします(バージョンはその都度に確認ください)。
・containerd.io_1.2.6-3_armhf.deb (2019-06-27 19:28:10)
・docker-ce-cli_19.03.1~3-0~debian-buster_armhf.deb(2019-07-26 00:22:52)
・docker-ce_19.03.1~3-0~debian-buster_armhf.deb(2019-07-26 00:22:53)

Dockerのインストール

ダウンロードしたdebファイルをインストールします。
*順番は重要ですので必ず守ってください。

ユーザがDocoerを起動できるように

非 rootユーザーで sudo無しで Dockerを実行できるようにユーザーを dockerグループに追加します。

再起動

念のため再起動しましょう。

確認

動作確認です。

Dockerプロセスの確認

Hello worldの確認

hello-worldイメージ取得。

hello-worldイメージ取得の確認。

hello-worldの実行。

あとしまつ

インストール用のdebファイルの削除

手動で行った場合は、インストール用のdebファイルは不要なので削除しましょう。

確認用のDockerイメージの削除

動作確認用の Hello world も不要なので削除しましょう。
①動いているコンテナの確認

②停止しているコンテナの確認

③コンテナの削除

*コンテナの番号(a514a5f522de)は環境に合わせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です